• 企業理念
  • 地盤・地質調査
  • 地盤補強工事
  • 地盤保証
  • 住宅保証
  • お施主さまへ
  • 会社概要

地盤調査、地質調査の日建エンジニアリング|長野県松本市

ボーリング調査

ボーリング調査の目的は、主に地質・土質の構成や基盤(支持層)の深さ・厚さ等を調べることです。また、土質試料の採取(サンプリング)や地盤の特性を調べるための各種原位置試験なども行われます。ボーリング調査は、地盤の状況に応じて土質ボーリング、岩盤ボーリングに分けられます。

掘削は通常ロータリー式ボーリング機械にて行い、標準貫入試験(JIS A1219)を実施してN値を測定するとともに、土質試料を採取して地質・土質の判別を行います。

岩盤ボーリングの場合にはコアボーリングを行い、岩盤名、岩盤分類、コア採取率、RQD、最大コア長などを記録します。RDQとは1m当たりの10cm以上のコアの総長のことを言い、岩盤の良否を示す指標として用いられます。

N値とは63.5±0.5kgのおもりを76±1cmの高さから自由落下させて、サンプラーを30cm打ち込むのに要する打撃回数をいい、原位置における土の硬軟、締まり具合などの判定に用いられます。

その他ボーリング孔を利用する原位置試験

  • 現場透水試験
  • 孔内水平載荷試験
  • 揚水試験
  • 間隙水圧測定
  • 地下水検層
  • P-S検層
  • ※不撹乱試料採取
  • ⇒土質試験